リプロスキンの正しい使い方で効果を最大限に出す方法!

リプロスキンを単なる化粧水と思っている人も多いかもしれませんが、リプロスキンは通常の化粧水とは少し違った効果を持っています。よって、リプロスキンの本来の効果を最大限に引き出すためには使い方に気を付ける必要があります。

リプロスキンの使い方で気を付けるべき点は次の2点

  • リプロスキン自体の使い方
  • リプロスキンと併用して使うアイテム

リプロスキン自体の使い方

リプロスキンには、古くて固まってしまった角質を柔らかくし次に使うアイテムの浸透力を上げるための効果があります。よって、次のような手順の使い方が効果的になります。

使い方手順1
まずは、手のひらにリプロスキンを4~5滴取ります。次にもう一方の手で手に取ったリプロスキンをはさむようにして手のひら同士を合わせしばらく閉じ、リプロスキンを体温で温めます。リプロスキンを温めると常温時よりも浸透力を上げることができます。

最近では、化粧水をレンジで温める使い方も有名ですが、リプロスキンはレンジで温めると含まれる成分を破壊してしまう可能性があるため体温で温める程度にとどめておきましょう。

使い方手順2
体温で温めたリプロスキンを顔全体に広げます。

使い方手順3
リプロスキンを顔全体に広げたら次は、手のひらを軽く顔に押し当て成分を押し込むようにしてください。こうすることで潤い成分をしっかりと浸透させます。

使い方手順4
使い方手順1~3を再度行います。最初に行った使い方手順1~3は、古く固くなった角質を柔らかくし、うるおい成分を浸透しやすくすることが主目的で、今回の使い方手順4で浸透しやすくなった肌に再度リプロスキンの成分を浸透させてやります。

使い方手順5
ニキビ跡など特に気になる箇所があれば、その部分だけ再度、使い方手順1~3を行います。

リプロスキンと併用して使うアイテム

通常の肌ケアの順としては、次の3ステップが基本ですよね。

STEP1:洗顔(石鹸)
STEP2:補水(化粧水)
STEP3:保湿(乳液)

化粧水のリプロスキンは、STEP2の補水が役割なのですが、リプロスキンは先述した通り、古く固くなった角質を柔らかくする効果があり、次に使用するアイテムの浸透力をアップさせます。そのため、「リプロスキン自体の使い方」でも記載した通り、リプロスキンを数度づけする使い方を推奨しているのですが、その後に更に補水と保湿効果のある美容液を使用することで美容成分もしっかりと浸透させてくれます。

よって、上記のSTEPに更に下記のように美容液のSTEPも入れることで効果を最大限に引き出すことができます。

STEP1:洗顔
STEP2:補水(化粧水)
STEP3:補水&保湿(美容液)
STEP4:保湿(乳液)

この手順には更にメリットがあります。乳液は保湿に長けているのですが、油分が含まれている為、ニキビが残っている場合は悪化させるリスクが伴うため本来であれば避けたいアイテムではあります。しかし、保湿をしなければ化粧水の潤い成分はすぐに蒸発してしまい、効果が半減以下になってしまいます。

よって、乳液の前に美容液をぬることで、保湿効果を高めると共に肌と乳液の間に保護的な役割も果たし、油分が入っている乳液でもニキビを悪化させるリスクが大きく低減します。

このような使い方で全てのアイテムをより効果的に使うことができます。