リプロスキンニキビやニキビ跡に効果があることで利用者の多いリプロスキン化粧水ですが、リプロスキン化粧水は、本当にニキビやニキビ跡に効果があるのか?

一口でニキビやニキビ跡といっても色々なタイプが存在します。リプロスキンは実績のある化粧水ですが、全てのニキビ、ニキビ跡のタイプに効果があるわけではありません。では、リプロスキンはどういったタイプのニキビやニキビ跡に効果があるのか?

それぞれのタイプ別にリプロスキンの効果有無について記載していきます。

参考サイト:リプロスキンでニキビ跡を消す

ニキビの種類

ニキビの種類には大きく分けて次の4種類があります。

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黄ニキビ
  • 紫ニキビ

白ニキビ

(症状)
白ニキビは、古い角質が毛穴に詰まり毛穴内部に皮脂が溜り始めている状況です。ニキビ的にはまだ初期の段階です。

(原因)
白ニキビは皮脂が毛穴内部に詰まってしまうことが原因なのですが、その皮脂を毛穴内部に詰まらせる原因は古い角質が垢となって剥がれ落ちずにいつまでも肌表面に蓄積し、毛穴の出口をふさいでしまうためです。

本来、古い角質は垢となって剥がれ落ちていくはずなのですが、それがいつまでも肌表面に残ってしまう原因については、さまざまな要因が考えられます。紫外線、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの崩れ、肌の乾燥なども要因の一つです。

黒ニキビ

(症状)
毛穴が開き中に黒くポツポツっとした小さなホフロのようなものが見えている状態。

(原因)
白ニキビが更に進行し、毛穴内部の皮脂が溢れ外に押し出され、押し出された部分が酸化し黒く変色することで起きています。

赤ニキビ

(症状)
黒ニキビが更に進行したもので、ニキビが赤く腫れあがっている状態。

(原因)
毛穴内部に溜った皮脂を好むアクネ菌が増殖し、それと共にアクネ菌をやっつけようとする白血球も周辺に集まり出します。そして、白血球がアクネ菌を攻撃するのですが、このとき肌細胞まで攻撃してしまい炎症が起きてしまいます。これが炎症を起こした赤ニキビの原因です。

黄ニキビ

(症状)
赤ニキビが更に進行し、炎症した箇所が化膿し黄色い膿が毛穴内部に溜っている状態。

(原因)
アクネ菌と白血球の格闘により、周囲の皮膚組織も破壊されその残骸が膿となって毛穴内部に溜ってきています。

紫ニキビ

(症状)
黄色ニキビが進行し、皮膚の表面に紫色のしこり状の塊が盛り上がった状態。

(原因)
アクネ菌と白血球の格闘が長引くと更に肌の奥まで破壊が始まります。肌の奥まで破壊されるとそこに膿や血が溜り、それが外から見るとしこり状の紫色の塊に見えます。

ニキビを治す方法

白ニキビ

肌細胞を傷つけないように指で皮脂を押し出すのが最も効果的で早く治ります。押し出す方法は、推奨されない場合もありますが皮脂を毛穴内部に溜めたままにしておくと、ニキビが更に進行するリスクが高まります。よって、皮脂を押し出したあと、リプロスキンで補水をしケアすることで短期間の内に治すことができます。

黒ニキビ

治し方は基本的には白ニキビと同じです。毛穴内部に溜った皮脂を押し出し、リプロスキンで補水ケアをするのが最も最短で綺麗になおります。ただし、皮脂を押し出すさいは肌細胞に傷をつけないように注意が必要です。

赤ニキビ

まずは、炎症を抑えることが最優先です。リプロスキンには炎症を抑える効果がないので、ノンエーなどの抗炎症成分の入った洗顔石鹸とリプロスキンを併用することで効果的に治すことができます。

黄ニキビ

治し方は赤ニキビと基本的には同じで、まずは炎症を抑えるのが最優先です。また、白ニキビや黒ニキビのように毛穴内部に溜った皮脂や膿を押し出すようなことをしてはいけません。この段階までニキビが悪化していると、肌の奥までダメージが及んでいる可能性があり、無理やり押し出すようなことをするとニキビ跡が残ってしまう可能性があります。

紫ニキビ

リプロスキンで悪化を抑止することはできますが、リプロスキンだけで紫ニキビを治すことはできません。皮膚科などの専門医に診てもらうことを検討してください。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡には次の4タイプがあります。主にニキビが赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビまで進行した場合に下記のようなニキビ跡が残る場合があります。

  • 赤みが残るニキビ跡
  • 色素沈着(紫色や茶色のシミ)が残るニキビ跡
  • クレーター状の凸凹が残るニキビ跡
  • しこりやケロイドが残るニキビ跡

赤みが残るニキビ跡

(症状)
ニキビの腫れはひいているのですが、肌表面に赤みの跡が残った状態。

(原因)
ニキビが赤ニキビよりも進行するとアクネ菌が増殖し、そのアクネ菌を退治する白血球を送り込むために毛細血管がはりめぐらされます。その毛細血管が外から透けて見え赤みのニキビ跡となります。通常であれば1ヵ月程度で消えていくのですが、6ヶ月や1年が過ぎても消えない場合があります。これは、ニキビがあったころに表皮だけではなくさらに奥の真皮までダメージを受けた結果、表皮が薄くなり皮膚内部の血管や筋肉が見えていることが原因です。

色素沈着(紫色や茶色のシミ)が残るニキビ跡

(症状)
紫色や茶色のシミのような跡が肌表面に残った状態。

(原因)
メラニン色素が通常よりも大量に生成されことにより、ターンオーバーの働きだけでは排出しきれなくなり、メラニン色素が肌細胞に残ってしまいニキビ跡となります。

(メラニン色素が大量に生成された原因)
これは3つの原因が重なったためメラニン色素が通常よりも大量に生成されてしまいます。

原因の1つ目はアクネ菌です。アクネ菌は代謝の過程でポルフィリンという化合物を排出します。このポルフィリンが紫外線に当たることで活性酸素が作られます。そして、この活性酸素は肌細胞を攻撃する性質があり、その攻撃から守ろうとしてくれるのがメラニン色素です。よって、アクネ菌が増殖し、活性酸素の量が増えるとメラニン色素も増えてしまいます。

原因の2つ目は白血球です。白血球はアクネ菌攻撃するために活性酸素を生成します。そして、その活性酸素が増えることによりメラニン色素が増えていきます。

原因の3つ目は、紫外線です。紫外線に当たると活性酸素が作られ、その活性酸素から細胞のダメージを防ぐ為にメラニン色素が作られます。

このメラニン色素を作る3つの原因が重なるメラニン色素が大量に生成されターンオーバーの働きだけでは排出できなくなります。

クレーター状の凸凹が残るニキビ跡

(症状)
肌表面がクレーター状の凸凹状態になってしまう。

(原因)
赤ニキビ以上の炎症した状態が長引いていると、肌の弾力やはりを保っている真皮の層にまでダメージが及んでしまいます。その結果、肌が弾力を維持できなくなり肌の表面が凸凹した状態になってしまいます。

ケロイドやしこりが残るニキビ跡

(症状)
肌にしこりのような盛り上がったものができる状態。

(原因)
ダメージを受けた表皮や真皮を修復するために新たな細胞が作られるのですが、このとき新しい細胞を作り過ぎたことにより、余った細胞が肌に盛り上がってしまいます。

ニキビ跡を治す方法

赤みが残るニキビ跡

赤みのニキビ跡は1ヵ月程度もすれば、自然とひいていきます。しかし、そこに繰り返しニキビができてしまうと更にニキビ跡が酷くなる可能性があります。繰り返しニキビができないように洗顔石鹸での洗顔、化粧水での補水、乳液などで保湿をしっかりすることが大事です。リプロスキンは、その補水の役割を果たすのですが、高い浸透力で肌の内部まで潤い成分を浸透させてくれるので、赤みのニキビ跡を治すのを加速させてくれます。

色素沈着(紫色や茶色のシミ)が残るニキビ跡

メラニン色素の排出が間に合っていないので、まずはターンオーバーの働きを正常にすることが大切です。ターンオーバーは、ニキビを修復するためにサイクルが通常よりも早まっているので、これを正常なサイクルに戻します。正常なサイクルに戻すにはこれ以上、繰り返しニキビなどで肌細胞を傷めないようにする必要があります。そこで重要なのが赤みのニキビ跡と同様で洗顔石鹸での洗顔、化粧水での補水、乳液などで保湿です。リプロスキンで補水をしっかりと心がけましょう。

クレーター状の凸凹が残るニキビ跡

クレーター状のニキビ跡は、真皮の層までダメージが及んだ結果なので、基本的にはセルフケアでは治すことは難しいです。完治させるには、皮膚科などの専門医に診てもらう必要があります。

しかし、クレーター状のニキビ跡を目立たなくすることであれば、リプロスキンでも可能です。

リプロスキンで肌の奥までしっかりと補水することで、肌細胞がふっくらとし、クレーターの大きさを狭めてくれます。

ケロイドやしこりが残るニキビ跡

完治させるには皮膚科などの専門医に診てもらう必要があります。リプロスキンでは、治すことはできません。